« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月28日 (月)

In real life

中森明菜」が彼女の本名であることは誰でも知っている。

しかしこのことがどれだけ大変なことなのかを想像することは難しい。

彼女はステージでも、ステージを離れたプライベートでも中森明菜である。

もちろん、観客の前で、TVカメラの前で、きれいにメイクアップされた姿と、仕事を終えて素に戻った彼女の姿は違っているのだけれど。

だから中森明菜の写真集『MY LIFE』には素のままの彼女が写っているけど、これもTVやステージで知ってる彼女と同じ中森明菜であり、どちらも実像なのだ。

何枚ものツアーライブがDVDで発売されていて、ステージ前や幕間、ステージ後の映像には明らかにステージとは違った一面がうかがえるのだが、これも全部含めての中森明菜なんですよということかもしれない。

歌を歌う限り、彼女は中森明菜自身であり、それはどんな歌を歌っていても変えられない。そうして30年。

かつてアレン・ギンズバーグがディランの歌に「こんなに人間が自分を赤裸々にさらけ出したことがあったのだろうか」といった趣旨の文を寄せていたが、当のディランだってロバート・アレン・ジンママンという人間が演じていることを思うと、中森明菜の歌は(全部がそうとは言わないが)さらに彼女自身をさらけ出したものになる。

だからCDなどを聴いていて、ふとした瞬間に生の明菜を感じることがある。

それは無意識のうちに聴き手を揺さぶったり、涙腺をゆるませたりするのだ。

同じく本名で通したアイドルに「山口百恵」がいるが、実質の活動は7年半という短さだ。

聡明な彼女は自分の道を真っ直ぐ歩き、芸能界のドアを閉めたのだった。

明菜はそうしなかった。いや、そうさせてもらえなかったのかもしれない。

「唄い続けてる限り 同じ道を歩いたあなたへ

              このかすれた声消えるまで」『帰省』

PS.上記のギンズバーグがライナーノートを書いたのはディランのアルバム『DESIRE』であるのが何だか面白い。

| | コメント (0)

2013年1月26日 (土)

VAMP

1996年、前作『true album akina 95 best』から1年ぶりにリリースされたのはわずか4曲入りのミニアルバム『VAMP』だった。
詞・曲はそれぞればらばらなクリエイターによるものであるが、クラブ系のサウンドで統一されていて、耳に心地よい。
しかしこのアルバム最大の特色は中森明菜がかつてないほどセクシャルなことであろう。
1曲目の『PRIDE AND JOY』は岡田陽助のギターをスパイスにミディアムテンポで展開される演奏をバックに明菜のアンニュイな歌声が溜息のように響く。
「Kiss してよ ソコ」のリフレインがなんとも悩ましく、「騒がしい 毎日は カギをかけて 締め出すから」という部分でサウンドがフェイドインするのもしゃれている。
2曲目の『EGOIST』はきわどい内容の歌詞をやや上から目線で歌う明菜のヴォーカルが格好良い。
「You can't say you love me / You love what you're doin' to me」のサビはさすがに上手いなぁとうならせられる。
このアルバムではもっとも明菜らしい曲かもしれない。
但し、最後の「すれ違うだ〜け〜」の部分ではビブラートをかけるすれすれのところでセーブしているのが大人っぽい。
3曲目『CRESCENT FISH』は退廃的なサウンドに乗って無表情に歌われるクールな曲。
こういう曲では本当に明菜の低音のヴォーカルが生きるものだと思う。
「WE'RE JUST FALL IN LOVE」から始まるサビはすごく魅力的で、5分弱のこの曲だが、20分くらい続けば良いのにと思わせる。
4曲目はこのアルバムで最長の『METROPOLITAN BLUE』で、ややジャジーな演奏にのって歌われる。
ここでの明菜の声は他の曲と違って優しさにあふれたもので、噛みしめるように淡々と歌っているのを聴いていると、こちらの気持ちも穏やかになってくる。
はじめてこのアルバムを聴いたときは、あまりにも刺激がないこの曲の良さが分からなかった。
何度も聞いているうちにしみじみと沁みてくるような、そんな渋い曲。
このミニアルバムが次作『SHAKER』(傑作!)につながるものであることは間違いないが、ここに表現されたセクシャルな部分が最新作である『DIVA』に受け継がれていることのほうが重要だろう。
現在再販されていないようだが、中古屋で見つけてたら絶対買っておくべき1枚だと思う。

| | コメント (0)

2013年1月16日 (水)

DIVA

昨年、中森明菜の素晴らしさを再確認して、iTunesで真っ先にDLしたのは『フォーク・ソング 2 ~歌姫哀翔歌~』と『DIVA』だった。

奇しくも2009年に連続リリースされたアルバムで、明菜の作品としては現時点において最も新しいものであった。

『フォーク・ソング 2 ~歌姫哀翔歌~』は聴いてすぐに気に入り、また、不安にもさせられたアルバムであるが、これはいずれまた書いてみたい。

もうひとつの『DIVA』だが、最初聴いたときはサッパリ分からなかった。

もちろん、ここに至るまでの90年代から2000年以降までの彼女のイバラの道(と、あえて書こう)を全く勉強していなかった私が至らなかったのだが。

その後、『DIVA』は初回盤のCDとシングルバージョンを購入して、聞きこんだ。

個々の楽曲についてはまだちゃんとしたことを書くまでに至っていないのだが、このアルバムを理解するのに『Femme Fatale』『VAMP』『DESTINATION』の3枚のアルバムが重要なポイントを占めたことは間違いない。

また別の意味では『不思議』『Cross My Palm』もその仲間に加えられるべきかもしれない。

とりあえず今いえることは『DIVA』が中森明菜にとって過去の作品の(全部とは言わないが)集大成であり、同時にこれからのスタートを切るにふさわしい作品であるということである。

※暮れから体調を壊しているので、もう少し聞きこんでから、またこのアルバムについて書いてみたい。

| | コメント (0)

2013年1月 7日 (月)

赤い花

フォルクローレ風の前奏に続いて乾いたギターの調べが奏でられる。

そして明菜の歌が始まる。

「ひとりきり すくいあげる 指のあいだ こぼれてゆく日々

      あのひとが 残したのは 光りさえも 呑み込む砂漠よ」

乾ききった情景が切々と、しかし感情を押し殺して歌われていく。

『赤い花』は2004年5月にシングルリリースされた。

同年7月にリリースされた『初めて出逢った日のように』(オリジナルはパク・ヨンハ)と歌詞が異なる姉妹曲である。

もちろん曲は同じなので、どちらも良いできばえの楽曲なのだが、聴後の衝撃度は圧倒的に『赤い花』のほうが大きい。

これは両曲のアレンジ、歌詞の違いもさることながら、明菜の歌唱法の違いによるところがいちばんの要因である。

『初めて出逢った日のように』は男の視点でじっくりと歌われている(詞は松井五郎)のだが、それとは逆に『赤い花』は不幸な女の歌である(詞は川江美奈子)。

そしてこうしたシチュエーションを歌わせると中森明菜以上にうまい歌手を思い出すことは難しい。

淡々とした乾いた歌唱は、しかし、サビの部分で炎を燃やす。

「今はお願い おしえないで すべてを捨てて行ける理由を

      遠く輝いた 愛までも 嘘と言わないで

   最後の涙が落ちたなら 二度とあなたが見えないように

          歩き続けるの どこまでも 錆びた景色の中を」

かすれた声のシャウトが染みる。儚いけれど痛みを伴う歌だ。

80年代終わり頃の明菜の声ではこの歌を歌うことはできても、聞き手に伝えることは難しかっただろう。

この楽曲での歌唱は21世紀にはいってからの中森明菜の作品では間違いなくベストに入れるべきものだと思う。

2005年発売のDVD『Akina Nakamori Special Live 2005 Empress at CLUB eX

に収録されたヴァージョンでは楽曲と一体になった明菜の歌う姿に震撼させられる。

ここではもはや聴衆がいることすら忘れたように歌を吐き出すひとりの女性が映し出されているのだ。

| | コメント (0)

2013年1月 5日 (土)

DESTINATION

『DESTINATION』は2006年にユニバーサルシグマからリリースされた。

前作『I hope so』から3年ぶりのオリジナルアルバムで、中森明菜本人も「嫌いな曲は1曲もない」と言っていた力作である。

このアルバムを特徴づけているのは打ち込み主体のダンスナンバーで、『GAME』『花よ踊れ』の2曲に特に顕著なカーニバル的ともいえる華やかなイメージは2000年代になって聞かれなかったものである。

明菜のヴォーカルもメリハリのきいたもので、いかにも楽しそうな雰囲気が伝わってくる。

オープニングの『紅夜』、『Seashore』『鼓動』『夜の華』は全てベースライン主体の楽曲で、明菜の低音のヴォーカルと呼応して魅力的だ。

どちらかというと同じようなタイプになりがちなこの4曲をニュアンスを変えながら歌い分ける明菜の技術は素晴らしいと思う。

個人的に2曲目の『嘘つき』がベストだと思うのだが、ここではがらりとスタイルを変えて囁くような明菜の歌い方が、過去の作品で様々な実験を試みてきたのだろうが、その完成型を見たように思える。

うっかりするとダンサブルな楽曲に埋もれてしまいそうに儚い存在だけど、歌詞の一句ごとに微妙な色づけをなされて歌われるこの曲の魅力は計り知れない。

さらにもう1曲、囁きの歌が『眠れる森の蝶』であるが、楽曲に不釣り合いなほど長大な歌詞をガラス玉を転がすように歌う明菜のヴォーカルが美しい。

それでいて所々にハッとさせられる瞬間があるのがこの歌の聞きどころだ。

9曲目の『LOVE GATE』はパンチの効いたヴォーカルが聞かれる。

ここでもかすれ気味な明菜の低音がソウルフルでいい。

もしCDでなかったらこれをラストにしてよかったんじゃないかと思うのだが…

確かBOB DYLANも言っていたと思うのだが、CDになっていちばんの弊害はアルバムの収録時間が不自然に長くなったことで、結果として埋めていく楽曲全部ひっくるめたアルバムのカラーが曖昧になってしまう。

『DESTINATION』という傑作アルバムでも、ラスト3曲でほんの少しアルバムのカラーが変化しているように思える。

10曲目はシングルカットされた『落花流水』で、よくできた歌であることに異存は無いのだが、私にはかつての『AL-MAUJ』に通ずる違和感を覚えさせる。

松本隆の詞の世界にやや引きずられ気味のアレンジがそう感じさせるのかもしれないが。

続く『Only you』でソウルフルな路線に軌道修正するも、ラストの『Grase Rain』の濃厚なブルース感はむしろ次作のアルバム『DIVA』を予告するような楽曲に仕上がっている。

これも単独では絶品の曲で、ヴォーカリストとしての中森明菜の魅力爆発(特に低音域)といってもよいのだが。

ともあれ、収録された楽曲がどれも非常な完成度をもっており、現在の中森明菜のベストの歌唱が堪能できるという点では最高のアルバムに違いない。

これを聴いてもまだ「昔の明菜のほうが良かった」という人がいたら、そういう人とはサヨウナラと言うしかないな。

| | コメント (0)

2013年1月 1日 (火)

true album akina 95 best

『true album akina 95 best』は1995年の暮れにMCAビクターよりリリースされた中森明菜プロデュースのベストアルバムである。

特徴的なのは3枚組のCDそれぞれが"WILD"、"WORLD"、"WHISPER"をテーマに別々のジャケットで作られていることで、これは明菜本人が自身の歌の世界をこの3つに分けて考えていることにほかならない。

また、このアルバムで、初めて自身の過去の楽曲をリニューアルしているのだが、ワーナーからMCAビクターに移籍して2年経って、現時点での中森明菜を表現する自信が持てたのだろうと思われる。

WILD DISCではこのアルバムの1ヶ月前に発売されたシングル『Tokyo Rose』のロカビリー調に合わせるように『飾りじゃないのよ涙は』『DESIRE』はロックテイストなアレンジがなされている。

中でも『TATTOO』の変拍子などはちょっと驚かされるし、前奏だけでは何の曲か判らなかった『BLONDE』など聴きどころは多い。

WORLD DISCでも中心になるのは『la alteración』からの『原始、女は太陽だった』で、『ミ・アモーレ』でのフラメンコ調アレンジや、『TANGO NOIR』でのアクセントの効いたリズムは特徴的だ。

『二人静』は最初からドラムを効かせてオリジナルよりもアグレッシブな曲に生まれ変わっている。

WHISPER DISCには『LIAR』と『難破船』というドラマティックで重い失恋の歌が収録されているのだが、ここではどちらも実にあっさりと歌われている。

自身の投影はなく距離を置いた視点からの歌唱、過度に感傷的になるのはもう止めにしようという気持ちの表れなのだろうか。

『スローモーション』と『セカンド・ラブ』では昔の純な気持ちを懐かしむような歌い方が聴かれる。

まるで学生時代のアルバムを見ているような気持ちにさせる。

自作の歌詞である『陽炎』は乾いたギターをバックに噛み含めるように歌われている。

アルバムラストの『予感』はしっとりと情感を込めて歌われ、この曲に対する明菜の愛情がとても深いことを思わせられる。

このアルバムの発売直後に、中森明菜TRUE LIVEとして3回のスペシャルライブが行われた。

その模様は2008年発売の『歌姫伝説 ~90's BEST~』の初回版にDVDで収録されているが、もとになっているのは1996年にWOWOWで放送された映像である。

DVDは本番ステージのみの編集であるが、放送ではライブ前の明菜の表情が窺われて興味深い。

リハーサル中の不安そうな様子や本番直前の「心臓とまりそう…」な緊張感がひしひしと伝わってくる。(なおここでのBGMはWORLD DISCにbonus trackとして収録された『Shangrila』である)

おそらくは1年ぶりのライブであること(前回はPARCOシアターの歌姫ライブ)、自身30歳を迎えてのリスタート的な意味合いもあったであろうこと、ショートカットでトライした『Tokyo Rose』(これは中森明菜でなくAKINA名義でのシングル)がどこまで受け入れられているか等々…

だから『愛撫』のイントロでステージの下手から意を決したように登場する明菜の背中には強いオーラを感じてしまう。

また、『陽炎』を歌う際に流した涙も様々な思いが交錯していたのだろう。

このライブは吉田健バンドがバックを務め(オープニング3曲はMAGICがバック)演出は立川直樹という豪華なものだったが、明菜の歌唱は過渡期で完成度が高いとは言い難い。

しかしながら80年代後半に絶頂期を迎えた一人のアイドルが、次なるステップを踏み出すためには避けてはならないものであった。

1995年の中森明菜の勇気と決断に惜しみない拍手を送りたくなるライブには違いない。

| | コメント (0)

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »