« 歌を伝えるということ | トップページ | true album akina 95 best »

2012年12月29日 (土)

SHAKER

私の好きな中森明菜のアルバムに『SHAKER』がある。

1997年にMCAビクターよりリリースされたこのアルバムは明菜本人によるプロデュースで全11曲からなる。(その後シングルバージョン等3曲を追加して『SHAKER+3』としてユニバーサルJより再発売されている)

アルバム全編を通して打ち込み系のサウンドで構成されているが、個々の楽曲はヴァラエティに富んでおり、なおかつ絶妙な統一感をもって配列されているので、繰り返し聞いても飽きることない。

最初に聞いたときにいちばん印象に残ったのは小室哲哉作曲の『MOONLIGHT SHADOW-月に吠えろ』だが、この曲は何度か聞いていると底の浅さからか、他の曲に比べて聞き劣りするようになる。

効果を狙いすぎているのが見え透いてしまうのと、高見沢俊彦の歌詞がつまらないからかもしれない。(同じ小室哲哉の曲でも『UNBALANCE+BALANCE』収録の『愛撫』は良くできていると思う。松本隆の歌詞によるところも大きいのだろう)

ホーンセクションを入れた2曲『おいしい水』『APPETITE』は素敵な楽曲だ。

どちらもセクシャルな歌詞と低音が格好いい明菜のヴォーカルが光る。

『おいしい水』は傷つくことが分かっていながらも愛を求めてしまう女性の歌で、後の『赤い花』の世界にも通じる歌詞だが、こちらはずっとポジティブな女性像だ。

『APPETITE』は明菜本人がシングルでのリリースを推したという本人お気に入りの曲で、観葉植物(ベンジャミン)が男性に寄せる異様な愛の歌だ。

ステージでも何度も歌われたこの曲は確かに格好良いし、明菜以外では歌いこなせないのではないだろうか。(シングルがヒットしなかったのもその辺に原因があるのでは、と思ってみたり)

『夢見るように眠りたい』はフラメンコ調のガットギターで始まりヴァイオリンも入った、このアルバムではちょっと異色な歌謡曲っぽい楽曲。

明菜の歌い方もサビ部分では80年代を彷彿とさせるもので、今聞くとそれなりに新鮮な感じがするのが面白い。

続く『桜(びやく)』は一転して胡弓がフィーチャーされた静かな曲で、ファルセットで歌う明菜がたおやかで素敵だ。

このアルバムを何度も聞いているうちに、どんどんその価値が分かってきた楽曲が、最初の『満月』とラストの『月は青く』である。

『満月』での明菜の歌唱は、一句ごとの微妙な表情付けと親密さという点で、後年の『DESTINATION』収録の『嘘つき』に通じるものがあり、色褪せない。

ラストの『月は青く』は静かで強い曲。控えめにビブラートをかけたサビの歌い方と、ささやくようなパートとの優しい対比がラストの曲に相応しい満足感を与えてくれる。(その点で、『SHAKER+3』はおまけの3曲がアルバムとしての完成度を損ねてしまっている)

ここにあげてない曲もそれぞれ魅力的であり、このアルバムはやっぱり傑作なんじゃないかと思う。

でも私がいちばん気に入っているのは、『SHAKER』が絶対的に完璧なアルバムじゃないということである。

その点では2006年の『DESTINATION』の完成度のほうがずっと高いと思うし、私はこれも大好きなアルバムであるが、『SHAKER』の持っているある種のラフさ,アルバム全体から発散されるポジティブな感情を愛して止まないのだ。

続く

 

|

« 歌を伝えるということ | トップページ | true album akina 95 best »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 歌を伝えるということ | トップページ | true album akina 95 best »