« 子安という場所 | トップページ | 八月の栃木は曇っていた »

2009年7月11日 (土)

2009年の憂鬱

ずいぶん更新をかまけている。
実際今年に入ってから仕事のほうがガタガタになってしまい、精神的ゆとりがまるでない。
引っ越しを済ませて心機一転と行きたかったのだが、思うようにはいかないものだ。

最近の通勤途中に聴いているのはYAPOOSばかり。
それも、いままであまり好きではなかった『HYS』を好んでかけている。

戸川さんは今年も南青山MANDARAなどでライブを演られているようで、私も普通の状態なら見に行くのだけれど、それもままならず(-ω-)

シャルロット・セクサロイドの憂鬱

ああ銀色の耐熱服が 乱反射して光る
ジュラルミンの爪と 右目の瞳孔に コードナンバーが
もうダーティ・ワークはいやよ バーバラは反対したけど
例のロボット三原則を 守りきれない新世紀

さあ逃げなくちゃ地球の外へ
古いタイプはすぐこわされる
爆破回路が脳にうまってる
私も人権のない機械

百年、いや永遠の孤独
何も起きぬロケットの中で
それでも私は生きるほうを 生きるほうを選んだのだった

デジタル表示のカウントダウン
大気圏じゃ まだこわされる
何故生き延びようとしたのか
わからないまま成層圏へと

百分、いや一那由多分の
一に起きる奇跡に賭ける
交信をしてくる何者かに
出逢えることに賭けたのだった

百年、いや永遠の孤独
何も起きぬロケットの中で
それでも私は生きるほうを 生きるほうを選んだのだった



少年A

作文 宿題出て 書くとき
いつの間にやら 右手がもう血まみれ

指先 力こもり 鉛筆
ボキボキ音を立てて折れる 文章

ずっと秘密にしていたけれど
部屋で練った世間への復讐
非力すぎる自分への不満
殺したい人の名前を書く

積分微分 解くの さされて
チョークにぎって 黒板に向かったとき

指先 力こもり チョークが
ボキボキ音を立てて折れる 記号

無口な人と言われるけれど
手癖だけは雄弁をふるう
シータ、ガンマにやつ当たりした
無意識の小さなヒステリー

数国古英倫物歴美 地音保化
数国古英倫物歴美 地音保化
数国古英倫物歴美 地音保化
数国古英倫物歴美 地音保化

真夜中 誰もいない学校
人目を避けて マッチ棒擦るのあせって

指先 力こもり マッチが
ボキボキ音を立てて折れる 学校

Img004_2

|

« 子安という場所 | トップページ | 八月の栃木は曇っていた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 子安という場所 | トップページ | 八月の栃木は曇っていた »