« 新春呆談3 | トップページ | UNCLE "SHOWA"8 »

2007年1月14日 (日)

Girl of the North Country

Bob Dylanのセカンドアルバム『The Freewheelin' Bob Dylan』は1963年にリリースされた。
有名な「風に吹かれて(Blowin' in the Wind)」から始まるこのアルバムのジャケットが素晴らしいことは以前に書いたとおりである。
「はげしい雨が降る(A Hard Rain's A-Gonna Fall)」が収録されていることもあって、初期のアルバムの中でも重要な位置を占めるこのアルバムだが、そうしたプロテスト色の強い曲に交じって、抒情的な1曲が印象に残る。
それが「北国の少女(Girl of the North Country)」だ。

もしきみが 国境線に強く風が吹きつける
北国の祭りに出かけることがあったら
そこに住んでいる人によろしく伝えてくれ
彼女はかつてぼくの恋人だったんだ

夏が終わって 川が凍り付き
吹雪の舞う季節に行くんだったら
彼女が暖かなコートを着ているか
うなる風に吹きさらされていないか確かめてくれ

彼女の髪は長く 波うち胸まで流れているか
見て教えておくれ
髪を長くたらしているのかを
見て教えておくれ
ぼくが覚えている彼女は いつもそんなふうだったから

彼女はぼくを覚えていてくれるのだろうか
何度も何度もぼくは祈ったものだ
ぼくの夜の闇の中で
ぼくの昼の明るさの中で

だからきみが 国境線に強く風が吹きつける
北国の祭りに出かけることがあったら
そこに住んでいる人によろしく伝えてくれ
彼女はかつてぼくの恋人だったんだ

この歌詞の元になったのはイギリスに古くから伝わる民謡「スカボロー・フェア」である。
サイモンとガーファンクルが歌ってヒットしたあの曲だ。
もともとの「スカボロー・フェア」の歌詞には反戦のメッセージが込められているのだが、Dylanのこの曲では切ないラブ・ソングになっている。
しかしシンプルでストレートなこの曲はアルバムの中でいちばん心に沁みる。

Northcountry

|

« 新春呆談3 | トップページ | UNCLE "SHOWA"8 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63100/13480583

この記事へのトラックバック一覧です: Girl of the North Country:

» コート / 【ネット限定】 『JAZZ』ライナー付コート [ライトハウス]
コート / 【ネット限定】 『JAZZ』ライナー付コート 価 格24000円 ちらりと見えるライナーがおしゃれ♪ 日本人男性の体型をよく見せるように研究されたシルエットで着心地抜群!ライナー付だから取り外すことによって秋の立ち上がりから春先まで長く愛用できます。※お届けは10月上旬になります。 [続きを読む]

受信: 2007年1月14日 (日) 10時28分

« 新春呆談3 | トップページ | UNCLE "SHOWA"8 »