« 好事苑(みのもんた編) | トップページ | Men in Blog(番外・好事苑) »

2006年9月 5日 (火)

Dear Mr.D

APPLEのCM(アメリカで放映中)のBOB DYLANが格好良い。
http://www.apple.com/ipod/ads/dylan/

もちろん日本のITMS(iTunes Music Store)では版権の関係上、DYLANのアルバムは登録されていないので、このCMが日本で流れるはずはないのである。
しかし、1941年生まれのDYLANは今年65歳で、ムッシュかまやつよりも2歳若いのだが、このジジイっぷりはどうだろう。
口髭は大泉晃を彷彿とさせ、髪の毛も禿げてこそいないが綿ぼこりのようだ。
そこはかとなく故・高田渡のイメージがダブる。

そんなDYLANの新作『Modern Times』を購入した話は先日書いたが、実はまだCDもボーナスDVDも未聴・未見である。
包装をはがして、オリジナル仕様とかいうジャケット(絵本みたいな作り)を眺めて、ふーんこれがLPサイズならちょっとしたインテリアになるなあ・・などと思っただけである。
まあそのうち聞くだろう(こればっかし)。

しかしBOB DYLANという人は不思議な人である。
もうずっと続いている"Never Ending Tour"の音楽的な意味はともかく、その行為自体がロック的でもあり、反商業的なライブという意味もあるが、ざらざらした感覚を私たちに与えるものだ。
執筆中?の自伝も、その真実がどの程度なのかは判るべくもないが、自らの伝説を作り出していることは確かである。
あのモーター・サイクル事故で死んでしまわなかったDYLANは、その後の創作・演奏活動を通じて「自分探し」の旅を続けているように見える。
案外、本人はとっくに答えを持っているのかもしれないのだが、スタイルを変遷しつつ私たちの前に絶えず偽の姿を現しているDYLANに、かつてのカリスマ性は感じないが、といって無視するわけにもいかないのが現状である。

もう30年以上前の歌だが『You Angel You』というのがある。

You angel you
You got me under your wing.
The way you walk and the way you talk
I feel I could almost sing.

You angel you
You're as fine as anything's fine.
The way you walk and the way you talk
It sure plays on my mind.

You know I can't sleep at night for trying,
Never did feel this way before.
I get up at night and walk the floor.
If this is love then gimme more
And more and more and more and more.

もうなんとも赤面もののLove songだが、これがすごくいいのだから困る。
とても偽りの感情から生まれた歌とは思えないのだ。

また全然評判が悪かった『Street Legal』というアルバムの中に『No Time To Think』という歌がある。

Your conscience betrayed you when some tyrant waylaid you
Where the lion lies down with the lamb.
I'd have paid off the traitor and killed him much later
But that's just the way that I am.

Paradise, sacrifice, mortality, reality.
But the magician is quicker and his game
Is much thicker than blood and blacker than ink
And there's no time to think.

まるで韻を踏むだけの言葉遊びのような詩だが、全く無意味なものとは思えない。
「私は裏切り者に支払うと、ずっと後で彼を殺した。でもそれが私のやり方だ」
音楽はデヴィット・マンスフィールドのフィドルをフィーチャーした大きなサウンドが朗々と響くのだが、録音状態が芳しくなく、分離が悪いのが残念至極。
しかし、何故か何年経っても頭の中から離れない不思議な曲である。

10代のころみたいに純粋ではなくなった今、時たま耳にするDYLANの歌のいくつかは忘れていた真実を垣間見させてくれるような気がする。
でも何から何まで信用するわけじゃないからね、Mr.D

Ipoddylan

|

« 好事苑(みのもんた編) | トップページ | Men in Blog(番外・好事苑) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63100/11765260

この記事へのトラックバック一覧です: Dear Mr.D:

« 好事苑(みのもんた編) | トップページ | Men in Blog(番外・好事苑) »