« 彼岸風景 | トップページ | 晋三に悪い? »

2006年9月25日 (月)

1997年、秋

最近全く使わなくなってしまったのがMOである。
休日の空き時間を利用して少しずつではあるがCDに焼き直している。
そんな中に「デジカメ」と書かれたものがあった。
情報を見ると1997年のデータであるが、その当時所有していたデジカメといえばオリンパスのCAMEDIA C-400という35万画素!のものであった。
携帯電話もビックリであるが、図体も結構大きくて普段持ち歩くこともなかった。
そんなことを思い出しながら中のファイルを見ると懐かしい画像があった。
37_1 59

私が速水清司さんと個人的に知り合ったのがこの頃であった。
当時、メインのHPであるMind Horseを通じていろいろな人と出会ったものである。
BUNKAMURA以来、プッツリとその活動がわからなくなっていた速水さんが、渋谷のCROCODILEを中心にバンド活動をしているとのことを聞いて、ワクワクして見に行ったものである。
ライブの休憩時間にお話をさせていただき、微力ではあるが何か手伝うことがあればと申し出て、現在に至っているわけである。

当時の速水清司バンドのメンバーは、ドラムが元レイニーウッドの四ツ田嘉宏さん、ベースが寺内”KANTARO"浩さん、パーカッションが丹菊正和さん、キーボードが永井誠一郎さん、コーラスに江口優子さん、サックスのゲストにボブ斎藤さん、そしてギターは現在も良きサポートをされている首藤高広さんという大所帯であった。
萩原健一さんの歌唱で耳に馴染んでいるナンバーを中心に、大きく広がる音響が印象的なライブを速水さんのバンドは聴かせてくれた。
CROCODILEに聞きに来るお客さんの顔ぶれは常連さんが多く、時には田原成貴さんの顔も見かけたものである。
Pic00004_1 Pic00023

その年の秋に、六本木のラピロスがオープンし、その中のオリベホールのこけら落としを速水清司バンドが務めることになった。
速水さんとしても願ってもない大仕事であったので、リハーサルにも熱が入り、このライブにかける意気込みは大変なものであった。
このときのキーボードは急遽、籠島裕昌さんが演ることになって、一番緊張していたのが彼であった。
数人の友人を誘ってライブ当日にホール中央に陣取って聞かせてもらったが、気合いの入った良いライブであった。
Pic00031 Pic00051_2

しょぼい画像のあちこちに当時の思い出が見え隠れする。
あれから9年も経ってしまったんだな。

「bloody_venus.mp4」をダウンロード
これは当時の音源である。聞ける人はぜひ感想をいただきたい。

|

« 彼岸風景 | トップページ | 晋三に悪い? »

コメント

>SSさん
連休中に当時の音源聞いたのですが、結構色々な発見がありました。
そのうちまた(・ω・)

投稿: Reザジ | 2006年9月26日 (火) 06時08分

カッコイイカッコイイカッコ良すぎですっっっっくらくら~~

投稿: SS | 2006年9月26日 (火) 00時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63100/12028264

この記事へのトラックバック一覧です: 1997年、秋:

« 彼岸風景 | トップページ | 晋三に悪い? »