« Useless Day | トップページ | 「非常」のライセンス »

2005年9月28日 (水)

ミズタニさん

mizutani水谷さんのことを書く。
といっても「兄貴〜ィ」の水谷さんではなく、”水谷紹(あきら)”さんである。

実は一昨年までこの人の存在は全く知らなかった。
昨年の春に戸川純さんをフューチャリングして『彼を殴るの』というマキシシングルがリリースされた。
そのユニット”tricomi(トリコミ)"は水谷紹、かわいしのぶ、ホワチョの3人で構成されていた。
かわいしのぶさんはSUPER JUNKY MONKEYのベーシストとして知っていたし、ホワチョさんはホッピー神山さんのユニットで何度か見ていた。

初台DOORSでのtricomiのライブを見に行ったのも、あくまでも戸川純さんが目当てであった。
ステージ右に水谷さんがカジュアルな服装で立っていた。
主にギターを弾き、曲によってはバリトンサックスに持ち替えて演奏をした。
ここで聞いた「結婚なんてしない」という曲がすごく良かったのである。
歌は水谷さんが歌った。

  ”ほんとにいいのかい?GIRL ちゃんと調べたかい?
 こいつでいいのかい?BOY ほかじゃダメなのかい?
 人生引き返せ だってまだ早いよ 半生取り返せ どうか留まって!”

ポップなメロディとシニカルな歌詞に感心した。
どことなくリバプール・サウンドの香りがする楽曲は耳に心地よかった。
途中で戸川さんが参加してヴォーカルをとったけど、私の耳にはどうもミスマッチに聞こえてならなかった。

その後、水谷紹さんのCDを何枚か購入した。
なかでも『ものしり娘』というアルバムが抜群に良かった。
「大変だヴィオレッタ!」「少年船長」「双子の姉」等の曲を聞けば、すごい才能を持ったメロディ・メーカーだと確信するはずである。
その歌詞も独特のペーソスを感じさせるもの、ちょっとブラックなもの、寓話的なものなどヴァラエティに富んでいて、容易に聞き流せない面白さがある。
ジョークみたいな歌でもセンスの良さを感じてしまう。

 ”マヨネーズと掛けまして「シアワセ」と解きます
 そのココロは
 実は御家庭でも簡単に作れます

 オーブンで加熱したマヨネーズと掛けまして「ボク」と解きます
 そのココロは
 表面は熱く固くなっていても、実は中身はグニョグニョです”
                    「マヨネーズかけてナス」より

また水谷さんにはアバンギャルドな面が多分にあって、バリトンサックスばかりの10人で構成されたバンド”東京中低域”での活動にもそれは現れているし、tricomiでも戸川純さんに求めているのはそう言った部分なのであろう。
『後楽園(paradise:post)』というアルバムでは彼の指向が端的に表現されていて、とてもサラリとは聞き通すことができない。
甘いチョコレートを食べていて突然銀紙を噛んでしまったような感じの曲構成で油断ならないのである。
昨年秋にみたステージではロングのスカートを履いて演奏していたし、ステージ上でのMCも独特の間がある。不思議な人である。



|

« Useless Day | トップページ | 「非常」のライセンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63100/6150338

この記事へのトラックバック一覧です: ミズタニさん:

» 【20051122 iPod_Most Play 】 [【です☆です】φ(.. )]
★Top 25 Most Played ◆曲名/制作者 ◇1)現花(Lublab Mix)/spdill ◇2)ボタンが一つ/ゆらゆら帝国 ◇3)芝生 featuring 谷川俊太郎/HALCALI ◇4)NATIONAL/VIBRASTONE ◇5)水と生活/水谷紹 ◇6)世界は終わってなかった/TOMOVSKY ◇7)Dreaming/降神 ◇8)Starting Ov...... [続きを読む]

受信: 2005年11月22日 (火) 09時47分

« Useless Day | トップページ | 「非常」のライセンス »