« 外苑前 | トップページ | ライガー »

2005年9月18日 (日)

LED ZEPPELIN

LZLED ZEPPELINは小学校6年のときに初めて聞いた。
ラジオの深夜放送で"IMMIGRANT SONG(移民の歌)"を流していたのだ。
面白い曲だなと思って、レコード屋に行ったときに(目的はラヴェルのピアノ曲のLPであったが)見つけて買って帰った。

そのアルバム『LED ZEPPELIN 3』は不思議なジャケットのアルバムであった。
ジャケットの表の右側に切り込みがあってそこにあるダイアル状のものをくるくる回すとジャケットにいくつも開いている穴の絵柄が変わるのである。
ときどきメンバーらしき顔も現れるのだが、全体的にはポップなコラージュといった趣である。
(そういえばTHE ROLLING STONESの『STICKY FINGERS』にはファスナーが付いていたっけ)

1970年にATLANTICからリリースされたこのアルバムはタイトル通りLED ZEPPELINの3枚目の作品である。
前作である『LED ZEPPELIN 2』で全世界的な成功をおさめた彼らが1年間をかけてじっくり曲作りをした上で発表したこのアルバムはしかしながらファンを失望させたという。
ハード・ロックの代名詞と思われていたにもかかわらず、アコースティックなサウンドを多用したその内容はフォーク・ロック的と評された。
CSN&YやFAIRPORT CONVENTIONを彷彿とさせるサウンドが既存のファンに受けいられるはずもなかったのである。

このアルバムから彼らを聞き出した私には何ら違和感はなく、むしろ1曲目の"IMMIGRANT SONG"がアルバムにそぐわないように感じていた。
2曲目の"FRIENDS"の出だしはいま聞いてもゾクゾクする。
不安を煽るような曲調に加えて、焦燥感あふれるROBERT PLANTのヴォーカルが良い。
切れ目なく続く3曲目の"CELEBRATION DAY"はカントリー・フレーバーを感じるロック・ナンバーだが、抑え気味の演奏がバランスを保っている。
この曲でのJIMMY PAGEのギターはまるでバンジョーのように弾かれている。

4曲目の"SICE I'VE BEEN LOVING YOU"は7分を超える大作。
前奏中にROBERT PLANTが小さく"oh"というところが何ともおかしいのだけれど、この曲での熱唱は聴き応えがある。
曲調は日本人に受けそうな泣きのメロディが入っていてこのアルバムのハイライトであろう。
そしてA面はストレートなロックン・ロール・ナンバーである"OUT ON THE TILES"で終わる。

B面はトラッド・ナンバーをアレンジした"GALLOWS POLE"で始まる。
いつだかMTVでこの曲を演奏するPRANT-PAGEを見たが、リラックスして楽しそうに演っていた。
続く"TANGERINE"は非常に美しいアコースティック・ナンバー。
間奏でのJIMMY PAGEのギターも控えめで美しい。
B面3曲目の"THAT"S THE WAY"も同様に静かな佳曲。
曲調はポップなものであるが背景にはヨーロッパの香りが漂う。
リズミカルな"BRON-Y-AUR STOMP"をはさんでこのアルバムを締めくくるのはノイジーなエフェクト処理を施された"HATS OFF TO (ROY) HARPER"。
聞き終えて頭の中には「??」という疑問符が残るのである。

LED ZEPPELINの最高作は『PRESENCE』であると私も思う。
(或いはセカンドアルバムをベストと言う人もいるだろう)
でも私のMOST FAVORITEは『LED ZEPPELIN 3』なのである。

|

« 外苑前 | トップページ | ライガー »

コメント

みなみ まさあきさん

コメントありがとうございます。
萩原さんについてはそのうちまた何か書きますので....

投稿: Reザジ | 2005年10月15日 (土) 22時18分

なんか、カッコイイたいとる のブログ発見!
内容の方もクールでセンスがいい。

・・・実は俺も萩原さんのファンなんです。
少し前の週刊誌の連載記事だったか
バトン記事だったか、
萩原さんの過去の話で
銭湯のお婆さんに傘を貸してもらった話。
歯医者の待合席で読んで泣いてしまった。
38にもなって。

イた マつか。

投稿: みなみ まさあき | 2005年10月15日 (土) 21時57分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/63100/5991934

この記事へのトラックバック一覧です: LED ZEPPELIN:

« 外苑前 | トップページ | ライガー »